FC2ブログ
デリヘル嬢の写真

携帯から投稿している記事が文字が劣化する事があるので宜しくお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性なる夜Vol. 1

「jimmy君はクリスマス予定あるの? 」

「一人で普段過ぎ去ります」


クリスマスの少し前の忘年会でのこと.


「今年も? 寂しくないの? 」

「別に寂しくありません。 彼女でもいれば少しは特別な日になるということなのかも分からないが。 由米オイはボーイフレンドと送るの? 」

「私もひとりです~」

「オロプショ? ボーイフレンドは? 」

「事実は結構前に別れたのだ」


話をしているのは職場の動機由米だ。
明るく活発で人に対する態度もよく、仕事をすることができて、美人ということもあるのか男女問わず人気の娘だ。
本当にクリムィトク.
ナなど、どのように熱心にしても手が及ばない女の子.


「あ、そうだ。 というかやぼったいこと入ってごめん」

「全く良くて~wでも、今年はロンリー(lonely)クリスマスなので少し寂しかったり…」

「そうに話しても、由米が人気があるのですぐに相手探すでしょう」

「そういうことないですw」

「謙虚がらないね。 というか事実は気にかかっている人あるのではないの? 」

「得て! 気にかかっている人…? 」

「ウン。 例えばタカシ(孝)フトシ(太)ラドゥンガジ」


タカシ(孝)フトシ(太).
職場の動機で、大学時期はラグビー部に所属していたこともあるのか非常に礼儀正しい。
さっそうと鋭利で鋭くて仕事をすることができるナイスガイ(nice guy)だ。
付け加えようとするなら、なぜか正反対だと話しても良い私とは仲が良い。


「得て、タカシ(孝)フトシ(太)? 」

「ウン。 二人(二人)ナカ(仲)良くて、この前タカシ(孝)フトシ(太)を誘惑して飲みに行ったことですか? 」

「それ、なぜ知っているの? 」

「タカシ(孝)フトシ(太)が話したので」

「もう、あいつ何話さないことですね…」

「二人似合うことだと考えます」

「別にタカシ(孝)フトシ(太)が好きなわけだ…」

「顔赤くなってルーは銀. 適中ですか? 」

「違う! これは酒! 」

「ア、お二人様高まっていますね~w」

藤原(藤原)部長が席にきた。
由米オイと話がしたいことであろう。 人気のある娘なので。
私は離脱した。






後日.


「フウ、年末なので少し遅れるんだね」

「jimmy君こと終わったの? 一緒に戻ろう! 」


由米オイとは取り替えて唾棄駅まで帰路が同じだ。
そうすることもあったためか時々一緒に戻る。


「珍しく遅れますね―」

「年末で」

「いつもそっと戻っているが」

「貸し切りが忍者なので。 忍術・痕跡をなくすことの技術だな」

「意味分からない。 のに話すことより、いつも定時に戻って家で何をしているの? 」

「ユー、ゆっくりしていることだけみなです(風俗(風速)行っているとは話せない…)」

「ゆっくり…そういえば『新参者』という(は)どうだったか? 」


由米オイは東野(東野)ゲイで(圭吾)のファンだ。
私によく本を貸して感想を追求してくる。
どうにかこうにかしている中に駅に到着した。


「jimmy君時間ありますか? ご飯食べに行かないの? 」

「今日は昨日の残りのカレー食べるので」

「少し―、人が起こしているが。 カレーは明日朝ですね! 見て、行苦行苦! 」


無理に連れて行かれる、距離にあった門集に入る。
まずチキンお母さん煮物正式を注文.
由米オイは、鶏と野菜の黒酢アンコ正式. やはりチョイスが女.


「ごちそうさまでした! おいしかったですね! 」

「そうだね(カレー食べたかった…)」

「ところで、jimmy君好きな人いないの? 」

「ない要(類似恋愛はいつもしているが話せて育てて…)」

「惜しい。 jimmy君平然と人気があるけれど」

「そんなに何待ちぼうけを食う? 」

「そうします! さらに周辺にアンテナ投げ飛ばさなければ! 」

「常に圏外なので」

「したがってならないと! 」

「そのような由米オイは好きな人いないの? 」

「に? …それでもあるが…」

「タカシ(孝)フトシ(太)? 」

「タカシ(孝)フトシ(太)でないwでも、jimmy君が知っている人です」

「誰? 」

「直球杉w」

「だが気にかかる知恩」

「教えて差し上げない―あって」

「ケチだ」

「ものすごい―あって」

「…… …本当に鈍感です」

「銀? 」

「…バカ(見て)」

「に? 何か話したの? 」
「…何でもありません。 そろそろ行苦なのか! 」


駅に向かう。


「今日はきてくださってありがとうですね」

「楽しかったために全く良くて」

「こちらも楽しかった」

「それでは明日また、おやすみ」

「…jimmy君、さっきの話聞こえなかったか? 」

「さっきの話? 」

「バカ! 本当に鈍感なので! 」

「どこに…」

「もう! 私はあなたが好きだ! 」

「!!! 」

「日のある槍刃群れに目を合わせたり、今日であるように誘惑しているが…なぜ識別しないこと!? 」

「…ごめん」

「謝らなくても良くて、jimmy君、出てきて交際する? 」

「…そういえばもうすぐクリスマスですね、24日にデートして要なのか」


返事は保留であるまま、まずイブにデートすることにした。
そして、12月24日.


「jimmy君、今日はどこに連れて行くの? 」

「高円寺の居酒屋種です。 クリスマス イベントをしていることだ」

「そうだ、楽しみですね! 」


高円寺に到着する。
ミナミ拘置(南口)を出て行って少し進める。


「何と話す店に行くの? 」

「それは到着しての趣味. と話してもすぐに到着するが」

「見て、到着しました」


【店の名前】Kira Kira(きらきら) 【地域】高円寺【業種】【ピンサで】 【費用】 7000円【HP】


はい、ここまでの話、全部妄想です。
何だという認可ですね、「メリークリトリス(clitoris)! 今年もイブに風俗(風速)行ってきた^^」標的である導入の方法だと手並みがないと考えました。
したがって、どこかちょっと風変わりな導入をしようと考えて。
それで考えて「女の子に告白されました」のような導入でして「事実は妄想でした」のような【オオウチ】にしようと考えたのです。
エソ、10与えるほどが軽い感じにしようかだと考えれば、このように長くなってしまってでありますね。
もう、何と話すのか、失敗ですね。
由米がタカシ(孝)フトシ(太)を飲みに誘惑したことはjimmyを相談したという設定だったことですが、どのように絞って入れれば良いことか考え出さなかったのであきらめて。
こういうものならば純粋に「メリークリトリス(clitoris)! 」出てきて良かったと考えることですが、こないことぐらい使ってしまって消すのも惜しかったので…もう旧茶具だとても語意でさっさとさっさと体験塀を使いましょう。


どこに―、クリスマスイブに風俗(風速)でクリスマス イベントなることがしていたので行ってきた。
クリスマスなので恋人遊びをしたいとすることよりも、特別割引券を望むためもうでする乞食チックナ理由によったところが大きい。
それで何か店舗なのかピックアップしたわけだが、クリスマスなのに割引が利用できて安く遊ぶことができるという乞食ティンナイユでこの店で遊ぶことにした。
むやみに乞食乞食と使えばこの店の評判が悪くなりそうなので弁解しておくが、ダリおばあさんとか【のにブース】とか出てくる店ではない。
実際に、若くて可愛い子供といろいろ(エロ エロ)ナゴッをしてきたのだ。
それで、体験だが、なんだか妄想を長く(長く)過度に使って疲れたのでまた、次回ということにする。
すると、See you next time!

コメント

非公開コメント

裏風俗ニュース
風俗本番ご当地めぐり
最新コメント
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。