FC2ブログ
デリヘル嬢の写真

携帯から投稿している記事が文字が劣化する事があるので宜しくお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪風俗(風速)旅行記その6

篠田産(山)(信太山)にきた。
カンのような程度でのおしっこ事件の教訓からここまで飲み物に1断面を付けないでいるが、サーズが(流石)に喉が渇いたので車(茶)を一口.
しかし、もうこれ以上は話さない。


篠田産(山)(信太山)には“【オオキとか】”旅館がある。
安定して高水準の量を派遣する個人的な良いところの旅館.
おしっこ事件の傷を治療するためにはここしかない。


入棺.
「気さくにさせていて素朴な感じの子供」といえば、「ウン- …」と少しけいれんを起こした表情をつくるおばあさん.
さあ、「ソグルソグラゲイオソ素朴」とは「ガール」であるように確実にしないで曖昧な話なので、不快な顔したのも無理ではないだろうか?
「厳格ですか? 」 「ウン、どうにかする! 」おばあさんを信じて部屋に先導するようにする。


先にトイレに行っておく。
篠田産(山)(信太山)駅のトイレにも行ったが万弱のために。
シャワーして待つ。
エロ本が置かれていたので、それを読んで臨戦態勢.
しかし、(かなり)いくらしてもこない。
「終列車遅くないだろうか…」篠田産(山)(信太山)に来たものは23時直ぐ前.
終列車は23:49.エロ本1冊みな読んで2冊目突入.
「梨大(イデ)だ説麻衣の後信太に続き…」


【カチャ】


「ア、来たきた」


「…… …」


「エッ? 」


「わあわあ…」


「嘘であろう!? 」


「本物なのかよ!? 」


「な、なぜこのような子供が…」


「このような子供が…」


「篠田産(山)(信太山)にあるということです!!! ??? 」


目を疑った。
そこには、徒費乗って(飛田)の青春距離にあっても変でない節税の美女が立っていた。
おばあさん…いや、そういう話は実例(失礼)だ。
おばあさん、いや、聖母様. 。.
よく、私の前にこんなにも美しい女性を送って下さいました。
言葉で表現できない程感激しています。
真に感謝しています。
あなたの選球眼はイチロウを跳び越えて神の領域に至っています。


「気さくにさせていて素朴」という単語にも立派に合う立派な子供だった。
今まで相手にした子供は「明るくて関西(関西)なまりをいうさわやかだった」子供だけだったが,この子供は全く風俗(風速)慣れていなかった純真なような子供だった。
「こんにちは。 よろしくお願いします。 」何か話にも緊張がある響きだった。


コートを脱げば目につくのは豊満なバースト.
E? いや、Fか?
全体的な肉づきも良かったが、決して太っているのではなくて、理想的な女らしい体形だった。


ベッドに入ればすなわちチョックのサービス.
「このような子供に◎得て下さるとは…」紙ぶりに何秒で興奮を記憶する息子.
いや、興奮していたことは息子だけではない.
頭、身体全体が沸騰していた。
小さい口だが、歯がかみ合うこともなくてこの子供がやさしい雰囲気が伝えられてくる丁重なフェラチオ(fellatio).
最後まで【オイ】話がこの子供の口を汚したいとという欲求もあったが、それ以上で合体したいとというさく烈しないだけな欲求が襲撃してくる。
「(挿入して)も良いの? 」 「ウン…」


息子を彼女の秘部に当てる。
【迷惑くむだろう】…ゆっくり挿れ、徐々に深く挿入して行く。
奥(奥)まで挿れた時の幸福感、何とも話せない程度感動した。
こらえることができなくて腰を揺さぶる。
「熱い、激しい、気持ち良い…」こらえないで「あ……気持ち良い…」と声を出す私.
彼女側は「…… …であってしない………【ハ】…【ハ】…」とときおり息を流す程度だが,この慎ましさがある感じ側が私をより一層興奮させた。


刺していれば、彼女の胸がぐらぐら揺れている。
目前に迫る最上である女の胸を味わいたくない男がいるだろうか? いや、ない。
両手で胸を握りしめてネズミは、チュムルオ抱く。
とても行き過ぎたやわらかいということにいつまでも関与していたい程度だった。
乳首に口を合わせる。
乳首が感じるようで、吸収したりすれば「っ…であってしないこと…」と声を出していた。


四つばあって似せる。
胸も好きだが、それ以上でお尻が好きな私は、彼女のお尻を握りしめて刺す。
この女のお尻を握りしめて握って征服している目の前の光景に大興(テフン)分と、腰の動きが限界まではやくなる。
「あのように、…【ハハ】…もうこのくるようだ…」だが、何を考えたことなのかひとまず中断して、彼女の秘部から息子を抜く。
そして、お尻を精神が回ったようになめまくる。
お尻だけではない.
女性器や肛門までなめてなめて全部なめる。
彼女の女性部分を経験することによって「この女は私の物だ」と示す一種のマーキングの行動を本能的にしていたことだと今は考える。


正常程度に戻って刺す。
「キスしたい…」キスをしながら刺せば、腕を私の木瓜などにまわして熱心に愛してくれた。
「ふ―! ふ―ふ―ふ―、ふっふっ、あふ――!! 」キスしてこのように隠れる荒くして正直に気分が悪いと自覚はしていた。
しかし、もう異性(理性)でこの興奮は止まれなかった。
「っっっ、ぁぁ…であってしないふっ、ふっふっ、ふ―ふ―、、m,nであってしないこと―――――――っっっ!!! 」 …イった…が話がしまった…最高のセックスだった…出て行ってイったウイを確認すれば、彼女は背中にまわした腕を【グッド】! ロソ与えた。
女が弱い力だが、私には大きい体つきの男にも優れるような力に感じられた。
私も頭は天国に行っていたが、そこに応じるように力いっぱい彼女を抱きしめた。
1分、2分ぐらいその状態に連結されていた。






永遠に連結されていたかったが、時ははかないこと。
15分の終了時間、そして遠からず終列車のために彼女との関係を解いて、共にシャワーしに行く。
シャワーしてお互いを話したり彫金が楽しい1時間を過ごした。
私は基本的に【オオキとか】を作らない主義(注意)だが,この子供は本当に最高繋いだので、名前を聞いた。
機会があればまた入るのを約束.
別れるということは惜しかったが、仕方ないこと。
キスをしてバイバイ!


戻って、【バー】b…聖母様に「最高繋ぎました! あの子供本当に良かった! あのネズミ選択して本当にありがとうございます! いや―本当に最高繋ぎました! 」とほめまくれば、若干驚きながらも(話が話すのかほめまくっていたので若干引き回したような企画(祈祷)出る…) 「うまくいきましたね。 非常に。 また来ているやいなや。 」


「もう今回からこの旅館専属でしてみようか」と考えて、最高の気持ちで篠田産(山)(信太山)を離れた。

コメント

非公開コメント

裏風俗ニュース
風俗本番ご当地めぐり
最新コメント
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。