FC2ブログ
デリヘル嬢の写真

携帯から投稿している記事が文字が劣化する事があるので宜しくお願いします。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知(愛知)・岩倉(岩倉)の本【仕路】ウイ調査

名古屋の本【仕路】私終わりの間を調査している時に目(雪)に飛び込んできたのが、岩倉(岩倉)の本【仕路】だ。
正確に使えば、名古屋市ではなくて岩倉市(岩倉市)だが。
それで、岩倉(岩倉)の本【仕路】だが、3人程度の女にフェラチオ(fellatio)するようにした後にその中で気に入った女とセックスするというシステムであるようだ。
コヤマ(小山)にあるセクシービームという店とほとんどの同じシステムではないか!
しかし、コヤマ(小山)が20台のかけ出てくることに対して、岩倉(岩倉)ではその2,3倍人生経験を積んできた女が出てくる形だ。
;;でも、流れて行くことにした。


以前に、お腹を満たす。
名古屋と話せば、韓国式味噌県だと話されるほどであるから、韓国式味噌カツレツ(cutlet)や韓国式味噌沸かすウドンが名物だ。
韓国式味噌カツレツ(cutlet)は以前食べたのがあって(気に入らなかった),今回は韓国式味噌沸かすウドンを食べることに。
まず、適当に調査してメイエキ(名駅)にある山本(山本)集総本家で食事をすることに。



汁. (カレーウドンですだと話されればカレーウドンと見える)


受けてマ―する。
ずるずる。
何か丈夫だ…面が根気があるということより、丈夫だ。
個人的に、じめじめするように行ってなったやわらかいメンが好きなので、気に入らなかった(そんなことは自宅で作れ).
スープは濃厚だ。
濃厚なのは“あれ”ことだけで充分なわけだが、じっくり煮込むとことは水分が飛ぶので深まるのは当然と話せば当然か?
とにもかくにも、観光地価格のご飯でしたね。


腹(船)がいっぱいになっていらないけれど(メンが少なかった),岩倉(岩倉)に向かう。
名古屋から概して20分程度だ。
今回の望む店は、西口(西口)にあること。
場所の情報はそれしか手に入れていない。
到着したので、さ迷ってみる。
先ずは大通りのように見えるところを歩き回ってみよう。
2,3分ぐらい歩いていれば、何か妖艶な店を発見.
ア、これだな。
このような大とおり点(店)を準備を取っているので、タイミングのとおりでは恥ずかしいね。
それにしても、方向オンチの出て行ってこのようにスマートに発見できると増えた…


店のドア所におじさんが立っている。

「私たちの店、インターネットなのか何かで見てきましたか? 」

「はい」といえば、それではシステムは知っていると考えるので、どのコースにしますか? これだと聞こえたので、10000円のコースを選択.
「若い子供はないが、本当に良い? 」と憂鬱なのを話なって、このように(入)点(店).


暗い!
おじさんが懐中電灯で先導するが、それでも道を分からないほど暗い。
このように暗い店は初めてだ。


席に位置するが、二人崖程度が狭いソファだ。
このようなところは、アクロバットナセックスになってしまうんだね。


少しすれば女がきた。
暗くて顔を分からない。
しかし、声でおばあさんみなとは分かる。
少し話してフェラチオ(fellatio)するようにすることに。
多い~、(かなり)いくら海図のテクニックだ。
私の人生腹(船,梨)は多分生きていることだけはある。
「出てきてこのまま遊びますか? そうでなければ次の人を呼びますか? 」と聞こえたので、後者でお願いする。


二人裂いて。
暗くて顔を分からない。
しかし、声でおばあさんみなとは分かる。
テーブルに名刺を置いてそれをペンライト(penlight)かなどで照らしてみたので、顔を確認する機会だと考えたが、ペンライト(penlight)程度の光は顔の輪郭しか分からない。
その程度暗いのだ。
ケンジ名はMといった。
フェラチオ(fellatio)タイム.
ウム、1人目側が上手だね。
離別することに。


三人裂いて。
暗くて顔を分からない。
しかし、声でおばあさんみなとは分かる。
フェラチオ(fellatio)テクは第一である育てた。
しかし、「乳もんで~」と性に積極的だ? ダ.


ボーイがきて「誰にしますか? 」ウム、フェラチオ(fellatio)的には最初のみなが、チェ厚意は乳もむようにして。
どちら側を選択するがおばあさんには変わらないで。
特に決定的手段はなかったので、なんだか3番目の女ですることに。


「席を移動するので、荷物を持ってきていくやぼったい」広いところでも移すことなのか、だと考えれば3個なのか4個の程度の後の席に移ることだけで、広さも何も変わっていない。
なぜ移動したことだろう…


再び女がきて、フェラチオ(fellatio)ということに。
…痛い。
フェラチオ(fellatio)が痛いのではない。
女は私のそばでフェラチオ(fellatio)していることだが、女が着ているキャミソール(camisole)などがレース形に、それが私の太股にかすめることだ。
こらえながらも発起.
女は、ソファの上で便座る鳥をする兄に座ってカンカン(クン)高をおさめて入れる。
睡眠始動案腰を揺さぶるが…痛い。
全体中でぶつかってくることだ。
多少巨人の女体重が私の太股に襲ってくる。
何か、次第に焦燥してきた。
痛くて、暗くて何も見られないので「嗚呼,私、おばあさんとセックスしているんだね」という絶望感もない。 。何も見られないので、得たいこと分からない何かにカンカン(クン)高を猛威程度で犯されているだけだという説明しにくい感覚.
いらだっていて頭に血が浮び上がったためなのか、海綿体に血液が送られなくなって、カンカン(クン)が傾倒はなくした。


時間の状態(都合)で行為が終わったわけだが、女はこちらを無視して自身の処理をするだけ違って、おしぼりも何も渡さなかった。
身体を磨くのもしなくて服を着ろで?
風俗(風速)でこのようにいらだっているのは久し振りだ。
おしぼりを送れと言って身体を自らきれいにする。


戻る時もまだ目(雪)が見られなかった。
女に先導されて、店の入口まで送られる。
果たしてに、店の入口は明るい光があって、女の顔を確認できるはずだ。
店を出て行く前に【チラッ】と確認する。
…見なかったことにしよう。


調査結果:何も見られなかった。
裏風俗ニュース
風俗本番ご当地めぐり
最新コメント
カテゴリ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。